カニ通販業者の選び方

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

価格が安すぎないか

何かを通販で購入する際に、価格は必ずチェックする項目ですよね。

人それぞれ支払い可能な金額というものがあり、それに見合った商品ですと購入することが出来ますが商品価格が手持ちを上回ってしまうとお金が足りず、購入することは出来ません。

それと同時に、自分の支払い可能金額の中でも、できるだけお金を節約するために商品価格は安いほうがよく、同じように見える商品ならば価格が安いものを選びがちです。

それは全く利にかなったことです。

購入する予定の商品の価格が想定していたよりも安くなると、浮いたお金を他のものに使うことが出来ますし、貯金することも出来ます。

カニ通販でいうと、お金が浮いたら美味しく食べるためのお鍋の具材などを沢山買うことも出来ますね。

しかし安ければ嬉しいのは当然ですが、安ければ安いほどいいという訳ではありません。
というのも、金額と品質は比例しますので、その品物に合わないほど安い価格がつけられている商品には、なんらかの欠点、問題があることが多いのです。

カニの場合で言いますと、生簀に長期間置いてあった品質の劣るカニであるとか、身が薄いカニであるとか、あまり美味しくない、安価で取引されるカニであるとかが多いですね。

そういったカニでもとにかくカニを食べられたらOK!という方ならいいかもしれませんが、そうでなく美味しいカニを食べたいと思うのなら、安すぎるカニには手を出さないほうが懸命です。

また価格が下がっている場合は、なぜ価格が下がったのか、平均価格はいくらくらいでどのくらい安くなっているのかという点を調べ、得心を得てから注文するようにするといいですね。

産地は明記されているか

カニは日本国内で漁獲されるものもありますが、品種によって国産は非常に少なく外国産が流通量のほとんどを占めるものもあります。

外国産、国産でそれほど大きな味の違いがある、という訳ではありませんが、漁獲した後の保管や輸送などの点で外国産に不安を持たれる方は国産のカニを選ぶべきでしょう。

そしてそういった判断を行うために必ず見るべき項目、それが産地です。

カニは生鮮食品ですし、日本国内どこででも流通しているという食品ではありませんので、産地は限られています。
それこそ日本国内で最大のカニの漁獲地である北海道、ついで漁獲量が多い鳥取や島根など、そういったカニのメジャー産地で獲れ配送されているものがほとんどでしょう。

産地をしっかり確認しなければならない理由にはもう一つあります。
それはカニは産地によって獲れる種類が違う、という点です。
つまり産地が限られているカニが獲れるはずのない土地を産地として明記されていたら、残念ですが産地偽装や品種の偽装が疑われます。
特に昨今人気が高い花咲ガニは、北海道の釧路や根室などの一部地域でしか獲れません。希少価値が高く人気が高いのですが、そんな花咲ガニが他の土地を産地として売られていたら、これは疑ってしかるべきですね。

産地を見る際は、自分が購入を希望するカニの品種、タラバガニやズワイガニ、毛蟹などの産地をあらかじめ調べてその上で、どこが産地として記載されているかをチェックするといいでしょう。

商品の説明は詳細に書かれているか

通販で失敗してしまう際に多いのが、この項目のチェックが足りないため起こる失敗です。特に食品は写真がまず一面に大きく記載されているため、その写真を見てそれと同じものが届くはず、これだけ大きい写真ならば商品サイズもそれなりに大きいはずだと思い込んでしまいがちなんですね。
そのために届いたカニを見て思ったより小さい、量が少ないと感じ、それが不満に繋がってしまうのです。

ショップ側も商品を売るため、商品画像は写りのよい、サイズは大きく美味しそうに見えるものをチョイスしますから消費者にだけ責任があるとはなかなか言いがたい部分ではあります。
しかしほとんどのショップは商品詳細の欄に、サイズや各部位の量、総重量などを記載しています。
写真だけを見て想像でこんな商品だ、と決め付けず、必ず商品詳細の欄をチェックして実際にはどんなカニなのか、というのを想像しておくことが大事です。

ちなみにカニ通販で多いサイズは1キロですが、1キロって言葉だけ聞くと重く感じますが実はそうでもないです。
身近なもので言いますと、ちょうどお水1リットルの重さが1キロになります。
牛乳1リットルですと、1キロと少しですね。
1キロってどのくらいなのか、購入する前に牛乳やお水を持ってみて重量をチェックしてみるとカニのサイズや容量をつかみやすいですよ。
また1キロとは身が1キロではなく、殻が付いているものは殻付きの状態で1キロですので可食部は1キロもありません。
丸々一匹購入する場合は特に、思ったより食べられる部分が少ない、なんて思ってしまうこともありますので注意して下さいね。

勧誘には注意!

最近は詐欺の手口がどんどん巧妙になってきています。
世間を騒がせたオレオレ詐欺(母さん助けて詐欺に名称が変わりましたね)や移動販売車による詐欺、業者を装った電話による詐欺など、様々な形態の巧妙な詐欺事件が勃発していますので、消費者である私たちは常に見る目を持って、注意して物事に当たらなければなりません。

そしてこういった詐欺事件、実はカニ通販にもあります。

カニ通販で起こる詐欺、それは電話での詐欺が主です。
北海道や鳥取などカニの産地としてメジャーな土地の水産業者、カニ販売業者を装った電話がかかってきて、カニを購入するよう勧める。
断ると脅しのような話し方に変わり、買いますという言葉が出るまで電話を切らない、というのが多いパターンのようですね。
また過去に通販ショップでカニを購入したことがある方には、利用したことがあるショップの名前を出してあたかも関係者のように話しカニの購入を勧める、というものもあるようです。

また電話で購入を勧められる以外に、いきなりカニを送りつけられるというパターンもありますので注意が必要です。
こういった強引な勧誘にはぜったい乗らない、もし商品が送られてきてもお金は絶対に払わない、商品は受け取り拒否するのが一番です。

詐欺に合わないためには、もし利用したことがあるお店、知っているお店の名前を出されてもその場でイエスといわないで結論を保留にすることが大事です。
考えてみます、と言って電話を切り、名前を出されたお店に連絡を取り電話販売を行っているか尋ねてみましょう。
少しでもあやしいな、と思ったら絶対に電話口で購入を了承しないで下さいね!

信頼のできるお店とは

何回か通販ショップを利用したことがあるのなら、どのお店は信用できるのか、安心して利用できるのかなんとなくわかるでしょうが初めてでは全く分かりませんよね。
カニという食品の中では高額に当たるものを通販で購入する際に、利用するお店が信頼できるかどうかというのはとても大事なポイントです。

信頼できるお店の条件、第一は産地や商品詳細、総重量など必要な情報がもらさず記載しているところです。
カニを購入する上で、品種名や産地などは必ずチェックしておきたい項目です。
そういった必要な項目がしっかり記載されており、且つどんなカニのどんな部分が入っているかという所まであれば更にOK!です。

つぎに通販ショップとしての歴史が長いところです。
カニを美味しいまま消費者に届けるには、新鮮なカニを急速冷凍してそのまま保管、配送といった技術が必要となります。
またおいしいカニを選び商品として提供するには重さやサイズ、甲羅の硬さなども重要なポイントとなります。
そういった技術や知識は長年カニの取り扱いがあるところのほうが得ていますので、どれくらい通販事業を行っているか、会社概要のページをチェックしてみるといいでしょう。

最後、返品・交換などの対応を行っているかどうかです。
カニは食品ですので、思ったより小さかったなどの消費者都合での返品交換は受け付けているところはないと言っていいでしょう。
ただ、配送途中の事故によりカニの甲羅が割れてしまった、タラバを頼んだのにアブラガニが届いた、などのトラブルがあった場合には、対応を行っているところは少なくありません。
そういった万が一の際の対応を行っているお店だと安心して利用をすることが出来るでしょう。

詐欺にあった場合は

電話勧誘で断ったけれど商品を送りつけられた、いつも利用しているショップだと思って注文したら、全く関係のないお店だった、などのカニカニ詐欺にあってしまった場合。
そういった強引な信頼のできない手法で販売を行う業者から、払った金額に見合うだけの美味しいカニが届くわけはありません。
そんなトラブルに遭ってしまったら、商品は受け取らない、お金は払わないのが一番です。

具体的には、多くの電話詐欺では商品を代引きで発注します。
商品が届いて自分が頼んだ憶えのないものだったら受け取り拒否する、もしくはその場で発送元を控え、一旦配送業者さんに持ち帰ってもらい家族に確認し、誰も利用をしていないお店からだったら記載されている連絡先に連絡をしてみて下さい。
連絡した結果誰も頼んでいないのに頼んだ、と押し切られてしまったら受け取り拒否して大丈夫です。
その際は注文履歴の照会をお願いするか、注文書のコピーを送ってもらうとより安心ですね。
詐欺業者ですとそれらの書類はありませんから、送られることはなく注文していないことの裏づけとなるでしょう。

また通販で頼んだ場合は、どんな方法であっても受注確認メールが届いたり通販ショップの注文履歴に内容が載りますので、それらに載っていないのならば注文していないと判断して大丈夫です。

ちなみに現在は電話勧誘でもクーリングオフが効きますから、困った場合はクーリングオフを行うと業者に宣言するといいでしょう。
契約書や注文書がある場合は書類が発行されてから8日以内、書面がなければいつでもクーリングオフは可能です。

PAGE TOP