カニの美味しい食べ方

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

カニポーションって?

カニを通販で購入しようと、いろいろな商品を見ているとよく目につくカニポーションという文字。
どうやられっきとしたカニのようですが、カニポーションっていったいどんな商品なのでしょうか。

カニポーションとは、カニの脚部分をあらかじめ販売業者側が1本1本切り離し、食べやすくした状態のものを言います。
届いたカニをキッチンバサミを使って1本1本切り分け、甲羅を裂いてといった手間がなくすぐ簡単に食べることが出来ます。
カニを食べたいけれど殻をむく手間がかかるのがいやな方、小さなお子さんやご老人が居るご家庭などは調理の手間がかからず食卓に出すだけで簡単に食べ始められるので、カニポーションを選んでみてはいかがでしょうか。

カニポーションには身の部分が全て露出しているフルポーションと、半分だけ殻を残しているハーフポーションの2種類があります。
フルポーションは解凍するだけでそのまま焼いたりしゃぶしゃぶにしたりと、すぐ食べ始めることが出来ハーフポーションは殻が付いているのでお鍋に入れるといいだしが出て、美味しく食べることが出来ます。

どちらを選ぶかは購入する方やそのご家族のお好みになりますが、カニポーションを選ぶ際は内容量だけではなくポーションが何本くらい入っているかをチェックするようにするといいですよ。
他の部位が混じったセットだと特に、肩肉や爪肉が多くポーションの量が少なくあまり食べた気がしない・・・なんてことにならないでいいよう、どの部位がどれだけ入っているかは可能な限りチェックしておきましょう。

しゃぶしゃぶにして食べよう!

大振りのカニを熱い出汁にくぐらせ、ちょうどいい頃合を見計らってかぶりつく、まさにカニ好きさんには至福の時間ですよね。
カニの美味しさを余すことなく味わいつくす、それこそカニしゃぶの醍醐味です。

はじめからカニをしゃぶしゃぶにして食べよう!と思うのなら、しゃぶしゃぶ向きのカニを選ばなくてはなりません。
しゃぶしゃぶ向きのカニ、それはズワイガニです。
ズワイガニは体が大きく脚が長いので、しゃぶしゃぶにしやすいカニです。
また味も加熱しても大味になりませので、しゃぶしゃぶしても他の方法でも美味しく頂けるでしょう。

カニしゃぶをするためにズワイガニを購入するのならば、断然おすすめなのがカニポーションです。
しゃぶしゃぶにするためには脚の殻をとらなければなりませんが、家族分の全ての脚の殻をとるのは大変です。
そういった手間をなくすためにあるのがカニポーションですので、しゃぶしゃぶをするのならはじめからポーションを購入しておいたほうが懸命です。

カニしゃぶの出汁は昆布が一番です。
せっかくのカニのうまみを味わいつくすために、昆布は贅沢にたっぷりと使うといいでしょう。
しゃぶしゃぶですので、カニ以外にも豆腐や春菊、葱やきのこ類などを一緒に入れておくと、カニの出汁がしみた美味しい野菜、きのこになりお鍋も進みますよ。

カニしゃぶをするのならシメはやっぱり雑炊かうどんですね。
カニや野菜から出た出汁をたっぷりとうどん麺やご飯に吸わせてから食べるのがコツです。せっかくなので、卵や小口葱などがあればより贅沢な美味しいうどん、雑炊になりますね。

美味しいボイルの仕方

カニ通販ショップの中には活カニを取り扱っているところもありますし、たまには特別なカニをと考えて活カニをご家庭で食べることもあるでしょう。
そんな時のために知っておくべき知識、今回は美味しいカニの茹で方をご紹介していこうと思います。

まず準備しなければならないのは、カニの甲羅を切るためのキッチンバサミとカニが丸々1匹入るサイズのお鍋です。
鍋の種類は問いません。アルミ鍋でも土鍋でも、カニがななめになったり脚が折れたりしなければどんな鍋でも大丈夫です。

鍋とキッチンバサミが準備できたら、次はカニの準備です。
カニみそを美味しくいただける毛がにやズワイガニはそのまま水洗いして汚れを取るだけでいいのですが、タラバガニはゆでる前にカニみそを取っておかなければなりません。
タラバガニのカニみそは加熱しても凝固せず、カニみそが入ったまま茹でてしまうとカニみそが脚の方に流れ込んでしまい、身の味が落ちてしまいます。

それぞれ準備が出来たら、お湯の準備です。
カニが浸かるくらいの量の水に毛がにの場合は海水と同じくらいかそれより少し濃い目になるように塩を入れます。
他のカニの場合はそれより少し薄め、1リットルあたり塩の量は15gから20g程度です。塩水が出来たらそのまま沸騰させ、甲羅を下にして茹でていきます。
時間はタラバが再沸騰してから18分から20分程度、他のカニは再沸騰してから15分から20分程度です。
カニのサイズによって茹で時間は変わりますので、小さなカニだと下限、大きなカニだと上限の時間を目安にして下さい。

茹でている間にボウルに氷水を用意しておき、茹で上がったらすぐにその中に入れましょう。
そうするとカニの身が締まりますから、殻をむきやすくなります。

生で食べる場合は

ぷりぷりの身をそのまま、加熱せずに生で頂く。
カニの美味しさを余すことなく感じるには最高の食べ方ですよね。
ですが残念ながら、生食できるカニはそう多くはありません。
活カニや刺身用として販売されているものなら生食可能ですが、カニ通販で生食可能なカニは多くはないのです。

しかしそれでも生で食べたい!それならば活カニを購入するのが一番です。
ただ活カニはその名の通り、生きているカニですから自分で殻をはずし調理をしなければなりません。
ここが難点となり、自宅でカニの刺身を食べるという方は少ないのでしょうね。

ただカニの捌き方、刺身の作り方はインターネット上の動画サイトにアップされていますので、それを見ながらなら始めての方でもチャレンジすることが出来るのではないでしょうか。
便利な時代になり、甲羅をはずすためのキッチンバサミ、切れ味抜群な刺身包丁などの調理グッズも安価で入手できますから、美味しい生のカニを安価で食べたいと思うのならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
カニの刺身はカニ専門店や和食割烹などに行けば食べられますが、お値段は中々に張りますし価格を重視するのなら自宅での食事が一番です!

生食で提供されているカニはほとんどがズワイガニ、毛蟹です。
どちらも生ならではの豊かな風味がありますので、ぜひ試してみてくださいね。
刺身だけじゃなくしゃぶしゃぶにしたり、お鍋にしても楽しめますから、活カニは一度に3度美味しい最高の食材です。

焼きガニの作り方

カニ通販ショップに載っているカニの食べ方の中には、バター焼きや網焼きなど美味しそうな焼きカニも多くありますよね。
今回はそんな焼きカニをご紹介していこうと思います。

焼きカニが食べたいのならば、まず焼きカニとして食べやすいカニを選ばなければなりません。
網やホットプレートなどで焼きますので、殻は半分残すか全部取るかしてあるものがベストです。
そして殻を残す場合は、殻を下にして焼きますのでとげが多くついた花咲ガニは調理がしにくいかもしれません。
同じくトゲはありますが、タラバガニですと脚が太く長いため調理しやすいのでタラバを選ぶといいでしょう。

カニを選んだら、お次は焼くための下準備です。
丸ごと1匹のカニでしたら脚をはずし、食べやすいように脚の殻を半分切っておきます。殻が全部付いたまま焼いてしまったら、熱くて殻をはずせないなんてことになってしまいますから、事前に必ず殻は半分落としておきましょう。
バター焼きなどホットプレート、フライパンで調理をするのなら殻は全部落としてもOKです。
こういった手間が大変だと思うのなら、はじめからフルポーション、ハーフポーションのカニを購入するのも手ですね。

カニの準備が出来たら焼いていきます。
殻付きなら殻の部分を下にして、じっくり焼いていきます。
出来上がりの目安は殻についた焼き色です。
殻がほんのり黒くなってきたら焼けた合図ですので、火から下ろして下さい。
加熱しすぎると身が固くなってうまみが流れ出てしまいますので、注意して下さいね。

カニの解凍方法

通販で美味しいカニを買ったら、活カニでない限りカニは冷凍状態で届きます。
美味しく食べるにはまずカニの美味しさを損なわないように解凍をしなければならず、また解凍によく使用されている電子レンジでの解凍などは絶対にダメできちんとした方法で解凍を行わなければなりません。

さてそこで、カニの美味しさを損なわない解凍方法のご紹介です。
それは、冷蔵庫での緩やかな解凍です。
まずは水切り網と網とサイズが合う深さのある容器を用意します。
こういったグッズは100円ショップに沢山ありますので、事前に購入しておくとスムーズですね。
お次はカニを袋や箱から出し、甲羅を下にして新聞紙で包みます。
この新聞紙はカニを乾燥させないためのものですので、ラップなどでもかまいません。
ただラップですとぎっちり包んでしまうと、溶け出したグレース(カニを覆っている氷)でカニが水浸しになってしまいますので、表面だけを覆うようにするといいですね。

新聞紙やラップで包んだら、水きり網をセットした容器の上にカニを置き、冷蔵庫で1日程度放置します。
大体1日程度おけば解凍されていると思いますが、様子を見てまだ解凍が足りない場合はそのままもうしばらく放置します。
丸々1匹の場合解凍に時間がかかります。
脚のみやポーションの場合は、袋に入れて流水解凍します。
袋の中に水が入らないようにしっかり口を結んで下さいね。

PAGE TOP