カニの種類について

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

タラバガニとは

タラバガニは年に2回旬を迎える、非常に人気の高いカニです。
一回目の旬は4、5月、この時期はタラバガニが獲れるオホーツク海の流氷が去った後で、甘みがとても強くなります。
二回目の旬は脱皮直後の11月~2月、この時期は甲羅が硬くなり身がしっかりと詰まっており、ぷりぷりとしたカニの身を楽しみたい方はこの時期にとれたタラバガニを選ぶといいでしょう。

タラバガニはカニ、と名が付いていますが実はヤドカリ下目に属しており、生物学上ではヤドカリの仲間です。一般のカニは横方向のみに移動を行いますが、タラバガニは縦方向への移動も可能で、そういったこまかい点でヤドカリの面影を宿しています。

ちなみにタラバガニは日本国内で食用として流通していますが、産地はロシアが流通量の95%を占めています。
残りはカナダ産、そして少ないながらも北海道で獲れたものがあり、北海道で獲れたタラバガニは数が非常に少ないためとても貴重です。

通販で美味しいカニを購入する上での豆知識として、タラバガニのカニ味噌は他のカニと比べ味が落ちるということがあります。
丸一匹カニを購入してカニみそも楽しもう、と考えている方にはあまりおすすめできません。
身も大振りですので、しっかりとカニを食べたという感じを得ることが出来ますが、カニ本来のうまみは他のカニのほうが上回っており、生食よりも加熱して食べたほうが美味しく食べられます。

タラバガニとそっくりなカニでアブラガニというカニが居ますが、この二つは全く別物です。
悪徳業者の中には、仕入れ値が安いアブラガニをタラバガニと偽証して販売している所もあるようですので注意が必要です。

毛蟹とは

一般に流通しているカニの中でも、味が非常に美味でまた高価なことで知られているカニが、毛蟹です。毛蟹は殻にびっしりと短く太い毛が生えていることが見分ける上での最大のポイントで、毛蟹という名称もこの点が由来です。
カニの中でも大型のカニで、メスよりもオスのほうが、サイズが大きくなります。
近頃は保護観点から、体長8センチ以上のオスしか水揚げできなくなっており、メスは食用として流通していません。

毛蟹は旬がはっきりと決まっておらず、1年中流通しているという点もポイントです。
ただ獲れる時期によって身の味わいが変わりますので、どの時期に獲れるものはどんな味わいなのか、という点は購入前に理解しておいたほうがいいでしょう。

春先に獲れる毛蟹は、まだ身がしっかりと育っておらず、カニみその量も少ないですがその分甘みが非常に豊かです。また殻がまだ硬くなっておらず食べやすいという点も魅力で、この時期の毛蟹を好む方は多いようです。

対して夏から秋にかけての毛蟹は、しっかりと育ち殻も固くなり、身やカニみその量も増えていますので一般に流通され広く認知されているのはこの時期の毛蟹です。
冬に入ると身に脂がのり更に豊かな美味しいカニになりますので、身をしっかりと味わいたい方は夏~冬に流通している毛蟹を選ぶといいでしょう。

大型のカニとは言っても、ズワイガニやタラバガニと比べると身が小さく食べられる部分が少ないです。ですがその分味が非常によいので、量がすくなくとも美味しいカニを味わって食べたい、という方向けのカニです。

ズワイガニとは

カニの中でも細かく種類わけされており、消費者にとっては何がなんだかイマイチわからないなんて困った事態を引き起こしてしまっているカニ、それがズワイガニです。
特徴としては非常に足が長く、オスが足を広げると体長70センチに到達するものもある、大変大きなカニです。
メスとオスの大きさが全く違い、大きなオスに対してメスはその半分程度の大きさしかないためメスとオスとで全く別の名前がつけられています。
またカニといえば北海道、という印象が強いですが、ズワイガニは日本では山口県から北の日本海に多く生息しており、水揚げ量が一番多いのは鳥取県です。

ズワイガニは産地によって名称が違い、鳥取、島根、兵庫、京都で捕れたオスのズワイガニは松葉ガニ。
同様に福井県沖で捕れたものを越前カニ、石川県沖で捕れたものは加能ガニと呼ばれています。
対してメスのズワイガニは香箱ガニ、セコガニ、せいこがにという名称で呼ばれています。

またズワイガニの近縁種には缶詰などによく使用される紅ズワイガニがあり、紅ズワイを他のブランドズワイガニとして販売するという問題が発生したこともありました。
ただ紅ズワイはまずいわけではなく、漁獲量の違いによって価格差があるため問題になったのです。
紅ズワイはズワイガニと比べて身が細く味が淡白ですので、その点も混同してしまうとトラブルを招いてしまいますので、消費者である私たちも種類の違いを知り後悔のない通販が出来るよう努力をしましょう。

花咲ガニとは

冬に旬を迎えるものが多いカニの中で、春~秋に旬を迎えるカニ、それが花咲ガニです。花咲ガニは他のカニと比べ漁獲量がとても少ないため、幻のカニと呼ばれグルメツアーが組まれるほど人気の高いカニです。
それというのも漁獲量が少ないうえに、生息地が根室沖や釧路など限られているため、北海道では流通していますがそれ以南、本州や九州以降ではほとんどお目にかかれないのです。
そのためわざわざ漁獲地に行って食べようとほど人気になりツアーが組まれるようになりました。。

漁獲量が少ない、生息地が限られているだけで美味しくなければ話題にはなりません。
もちろん花咲ガニはその人気に比例して、味も非常に美味です。
もともと花咲ガニは天然昆布が生えている場所に多く生息しているため、主な食糧は天然昆布です。
そのためか、身は非常に濃厚で独特の甘みがあり、脚が太く身がしっかりと詰まっています。また脂分が多く含まれていますので、焼きや茹で、なべの具材に大変向いています。生食ももちろん可能ですが、独特の甘みと脂分がありますので大量ではなく少量にとどめておくといいですね。

サイズはタラバガニなど大型のカニと比べると小さく、甲羅のサイズは大体15センチ程度です。
特徴としては甲羅が硬いこと、そしてトゲが多く生えていますので、殻付きのものを食べる際はキッチンバサミが必須です。
軍手やゴム手袋があるとカニが持ちやすく、殻をむきやすいですね。非常に貴重なカニですので、取り扱っているショップも少ないので見つけたら早めの購入をおすすめします。
02-05 カニ味噌って?
カニを丸々一匹購入した際に付いてくる、カニ味噌。
カニ味噌を好きな人にとっては非常に美味しいもの、珍味として認識されていますがカニ味噌っていったい何なのでしょう。

カニ味噌は、実はカニのすい臓、肝臓です。
カニは人間のようにすい臓と肝臓が分かれておらず、中腸線という一つの臓器として体の中に存在しています。
ですので、カニ味噌は肝すい臓、もしくは中腸線と呼ぶのが正しいですね。
ちなみにこの中腸線、人間で言う肝臓とすい臓が持つ働きと同じ働きを行う臓器で、食べたものを消化するための消化酵素の分泌、摂取した栄養素の分解、吸収、蓄積という働きを行っています。

カニ味噌はカニの甲羅を剥がして中心から少々上の部分にあります。
食用として用いられるカニ味噌は毛がにやズワイガニのものです。
身が大きく食べ甲斐があるタラバガニのカニ味噌は味があまりよくない上に、加熱しても凝固しないので食べにくく、食用としてはあまり用いられません。
ちなみに人気が高い花咲ガニのカニ味噌は食べられますが、もともと花咲ガニ自体が脂乗りがいいためカニみそも脂分が多く、やはり食用としてはあまり用いられていません。

カニ味噌の美味しい食べ方は、お好きな方ですと生のまま、カニの身につけて食べたりスプーンですくって食べたり、軍艦巻きにして食べたりという方法が多いようですね。
独特の風味が苦手な方は加熱すると風味が和らぎ食べやすいので、甲羅のまま網に乗せて焼くと美味しく食べることができますよ。

02-06 体と足どっちが美味しい?
カニを通販で購入する方のほとんどは、自宅用として家族で美味しく食べるために購入されているのではないでしょうか。
その場合重視すべきはカニの食べやすさ、美味しさ、量と値段ですよね。自宅用ですと贈答品のように見栄えのよさ、梱包の丁寧さなどはあまり重視されません。
はっきり言うと美味しくて沢山食べられたらそれでOK!という方は多いでしょう。

その場合悩んでしまうのは、カニの脚だけ買うかそれとも丸ごと買うか、ですよね。
断然食べやすいのはカニの脚ですが、丸ごと買うと種類によってはカニみそも共に味わえますし、またカニを食べた!という満足感を視覚からも得られます。

これは正直お好みです。
身の美味しさは体と脚で大きく変わることはありませんので、どちらを選んでも美味しいカニならば、美味しく頂けるでしょう。
ただ体部分には脚のように身はたっぷりと詰まってはいません。
身がなくはないので、入っている部分をカニ用のスプーンなどを使いほじって食べることは出来ます。
しかし脚のように殻を剥いたらそのままつるんと身が出てくる、という訳ではありませんので、食べるにはそれなりの手間がかかります。

食べやすさという点では断然脚でしょう。
すぐ食べられるようにカットして販売されているものもありますので、解凍したらそのまますぐに食べられる、しゃぶしゃぶでも焼きがにでも簡単に作れる、というのが脚の売りです。

反面脚だけ買うとカニ味噌は付いていませんので、味噌を楽しみたいと考えている方の満足度は低くなります。
つまり、カニの身を簡単に心行くまで楽しみたい方は脚部分を沢山、見栄えとカニ味噌を重視するのなら丸々一匹購入すべきだということになります。

PAGE TOP